青森県の歯とお口の健康、歯科について 一般社団法人「青森県歯科医師会」のウェブサイト

歯科医師会の取り組みInitiatives of the Dental Association

在宅歯科医療連携室 業務のご案内

青森県歯科医師会では歯科通院が困難なため、在宅で歯科医療を受けたい方、嚥下障がいのある方などの相談窓口となる「在宅歯科医療連携室」を設置いたしました。

在宅歯科医療連携室
  • 業務開始 平成24年4月1日から
  • 相談窓口設置場所 青森県歯科医師会館1階(青森市青柳一丁目3-11)
  • 相談窓口専用連絡先 電話番号 017-752-8118
  • 対応時間 月曜~金曜の午前9時~12時/午後1時~5時

ここでは、
○ 外来での歯科治療が困難な方からの相談に対応します。
○ 在宅歯科診療、口腔ケア指導等を行っている歯科診療所をご紹介します。
その他ご要望等を受け付けております。

なお、「かかりつけ歯科医」がいる場合には、当相談窓口へのご連絡の前に、まずは「かかりつけ歯科医」にご相談下さい。

相談から歯科医療までの流れ

① 下記問い合わせ先までお電話、FAX(あらかじめお電話の上送信ください)にて申し込みをお願いいたします。

② 在宅歯科診療、口腔ケア指導等を引き受ける歯科診療所、訪問日など詳細をお知らせいたします。

訪問歯科診療を行っている青森県内の歯科医院一覧

歯科医院により受け入れ態勢が異なりますので、事前に歯科医院へお問合せ下さい。

訪問歯科診療(在宅歯科医療連携室)

要介護者にとって「食べること」は、生命を維持する上で必要な基本行動であると同時に最も要求の強い日常生活課題です。
この「食べること」が正しく行われることにより生活に楽しみとリズムをもたらしてくれます。「いつまでもよく噛めること」は、その人に豊かな表情と生活機能の向上を与えてくれます。
しかし、このいつまでもよく噛める口腔(口)の機能が障がいを受けたとき、日常生活に著しい支障をきたします。残念なことに、急激な高齢化が進む中、口腔の機能に障がいを持った方の顕在化があげられ、生活の質の維持向上に支障をきたしているケースが増加してきております。
このような中で、われわれ歯科医及び歯科衛生士は、通院困難な要介護者の方の口腔の機能の改善と衛生の維持管理のために要介護者の自宅に出向いて口腔ケア(口腔の衛生の維持管理)や歯科診療を行っております。
口腔ケアの必要性は、口の中が不潔ですと、寝たきりの老人では、口の中の細菌が肺に入り発熱(嚥下性肺炎)を起こすことがあります。 寝たきりの老人の肺炎予防には、口の中を清潔にすることが大切だからです。
訪問歯科診療の必要性は、歯の痛み、噛めない、入れ歯の不具合などでお困りの方などに治療(処置)を行い、噛める状況の改善を図っております。噛める状況の改善は日常生活に潤いと活力を与えるからです。
口腔ケアや訪問歯科診療をご希望の方は、連携室または下記の歯科医院にご相談ください。

歯科医師会の取り組みInitiatives of the Dental Association