青森県の歯とお口の健康、歯科について 一般社団法人「青森県歯科医師会」のウェブサイト

歯科医師会の取り組みInitiatives of the Dental Association

青森県民の皆様へ

会長 山口 勝弘

わが国では、少子、高齢化を迎えて地域の医療、保健、福祉、介護を取り巻く環境も大きく変化してきており、歯科医療、歯科保健の分野においても、地域住民の皆様のニーズの多様化に積極的に対応しなくてはいけない時代となりました。
短命県でもある青森県の皆様が、健康長寿(寝たきりや認知症にならず、健康な状態で長生きする)に希望がもてる社会にしていく事が、青森県歯科医師会に課せられた使命であると認識しています。
それが「8020健康社会宣言」となりました。
8020(はちまるにいまる)運動とは、80歳で20本以上歯を残し、生涯、自分の歯で噛んで食べられることを目標としています。
「8020達成者」は、近年2割を越え増加しています。また、一方で多数の歯を失った高齢の県民の皆様を、入れ歯や金属による欠損修復、インプラント、歯科訪問診療などを通して、噛んで食べ飲み込めるように機能回復することが、時代から求められています。
歯を失う大きな原因は、むし歯と歯周病です。口と歯の健康と全身の健康が強い相関を持っていることが証明されています。口と歯の健康を維持するには、乳幼児から成人、高齢者、また寝たきりや障がいのある方々に口腔ケアといった歯の清掃とむし歯、歯周病などの治療が生涯一貫して必要です。さらに、大人はもちろん、子供の頃からの正しい食生活や歯みがきの習慣がとても重要です。
これからも地域の「かかりつけ歯科医」として会員の先生方は、地域の皆様の口と歯の病気予防に努め、歯科に関係する保健活動に積極的に参加し、科学的根拠に基づいた歯科医療を提供できるよう絶えず研鑽を積んでまいります。
是非このホームページをご覧になって、口と歯の大切さを再認識され、最低でも年2回の定期健診を「かかりつけ歯科医院」で受けて下されば幸いです。

一般社団法人 青森県歯科医師会
会長 山口 勝弘

歯科医師会の取り組みInitiatives of the Dental Association