青森県の歯とお口の健康、歯科について 一般社団法人「青森県歯科医師会」のウェブサイト

歯科医師会の取り組みInitiatives of the Dental Association

青森県民の皆様へ

会長 山口 勝弘

我が国では少子高齢化を迎えて、地域の医療・保健・福祉・介護を取り巻く環境も大きく変化してきており、歯科医療・歯科保健の分野においても、地域住民のニーズ多様化に積極的に対応しなくてはいけない時代となりました。急激な高齢者の増加により、社会的な仕組みの変革が追いつかない状況です。短命県でもある青森県の皆様が、健康長寿(寝たきりや認知症にならず、健康な状態で長生きする)に希望が持てる社会にしていくことが、青森県歯科医師会に課せられた使命であると認識しております。

8020(はちまるにいまる)運動が始まってから30年が過ぎました。8020運動とは、厚生労働省と日本歯科医師会が中心となり、80歳で20本以上の歯を残し、生涯に渡って自分の歯で食べられることを目標とした国民的運動です。平成28年度の調査では、8020達成者が51.2%となり、想定を超えた速さで50%以上を実現しました。
人生100年時代を見据えた健康長寿の延伸に寄与するため、歯科医療・歯科保健をさらに充実させ、8020運動の発展と進化に努めて参ります。また、今後は歯数という指標だけでなく、生活の質に関わる口腔(こうくう)機能(食べて飲み込む、会話をする)の向上に関しても、県内の医療・介護・福祉関係職の皆様と密接な連携を保ちながら、共に取り組んで参ります。 

口腔の健康維持には、乳幼児から成人、高齢者、寝たきりや認知症など障がいのある方々に対して、「かかりつけ歯科医」として優しく寄り添いながら、適切な治療やケアをすることが欠かせません。幼少期のうちから正しい食習慣や適切な歯みがきを身につけるためにも、近隣に「かかりつけ歯科医」を持って頂きたいと願っております。
最近では健康に関わる口腔と全身の相関が証明され、とりわけ歯周病と糖尿病の関連性が注目されております。今後とも、青森県が取り組む医科歯科連携事業に協力して参るところであります。

今後も青森県歯科医師会の会員である先生方は、皆様の健康を第一に考え、歯科医療や歯科保健活動に邁進して参ります。是非このホームページをご覧になって、口腔機能の重要性を認識して頂き、「8020健康社会」の構築がいかに健康長寿に寄与するか、ご家族や知人の方々にもお伝え頂ければ幸いに思います。

一般社団法人 青森県歯科医師会
会長 山口 勝弘

歯科医師会の取り組みInitiatives of the Dental Association